蛇腹官能的レチナ3C・RetinaIIIC

By dachio, 2006年11月29日



IMG_3662.JPG
IMG_3648.JPG

レンズシャッター(にも関わらず)音が官能的なレチナ3C。1954年発表、ドイツkodak製。

前蓋をあけるとレンズがずいっと出る。フィルム巻き上げレバーはボディーの下にあってぐりっと回す。

フィルムカウンターは逆算方式で、1以下になるとレバーが回らないようになってる。最初は壊れたかと焦った。

IMG_3651.JPG
IMG_3655.JPG

フィルムの装填は後ろ蓋をぱかっとあけて入れる現代と同じ方式。セレン露出計内蔵、セルフタイマー、X接点つき、レンズシャッターなのに前玉を交換できるなどなど、同時期のライカM3、5年後のニコンFより相当進んどる。

メカ指向を満足させてくれる逸品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です