被爆する建物とは

By dachio, 2007年7月16日



さて広島を去る日が近づいてきたわけで、まだUpしてなかったものを撮してみた。



原爆の被害を今に伝える「被爆なになに」というものが広島には多くある。

そのひとつが「被爆建物」で、原爆の被害を生き残った建造物が現存していて91件ある。

たぶん「原爆ドーム」以外はあまり知られてないと思うが、これも被爆建物、旧日銀広島支店。

さすが日銀の建物、爆心地から380メートル(!)の近距離でありながら原型をとどめてる。

P1060864.JPG

建物内では現代アートのイベントが定期的に開かれている。でも地味めのイベントが多く、抜群の立地にあって被爆建物というドラマにありながら、いまいちメジャーな活用がされていないのが残念。

P1060865.JPG

3階の「折り鶴展示室」

全国から寄せられた折り鶴が広い部屋を埋め尽くしている。

この部屋に入りきらくなった古い折り鶴は、焼却処分される。

どこか、広島の平和運動の閉そく状況を象徴しているような建物だ。

3 Comments

  1. 蠅皇子 より:

    ええ? 東京に帰ってくるんですか??

  2. yokko より:

    広島を去る日って?
    転勤ですか???

  3. だちお より:

    ことしの原爆の日が過ぎたら、東京にしばらくいきますわ。お名残惜しい&楽しみです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です