官能の鋼鉄ボディと破裂サウンド(ハッセルブラッド500C/M)

By dachio, 2009年1月30日

ついに とか 満を持して とかのオーラをまとった本格派が来た。

ハッセルブラッド500C/M。本によるとハッセルブラッドを代表するベストセラーという。

手にとってまず感じる鋼鉄ボディ(スウェーデン鋼だそうだ)の冷たさとずっしりな重み。プロのカメラだ。

上部のふたをあけて、ファインダーをのぞいて2度目の感動。ファインダーにうつる像が、立体映像みたいに浮き上がって見えるのだ。

IMG_0988.JPG

でもピントはあわせにくい。

そして巻き上げレバーを回して、シャッターを切ったときの感動。「バシャッチ!!」とでも表現しようか、なにかカメラの中で破裂したようなすごい大きな音がして、手に振動が伝わってくる。

[audio:https://dachio.com/archives/V_510041.mp3]

工場か機関車みたいだ。
hasselanime.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です