工芸品エルマー50mm f2.8Mマウント

By dachio, 2009年7月24日



「佇まい」という言葉を使いたくなる雰囲気を醸し出している、このレンズ。


ライカといえばエルマー、の50mmf2.8のMマウント版を購入した。

この名玉はレンズの性能はもとより、工芸品としての魅力についても多くの場で語られているけれど、私が最も感心したのは、実はここだ。

IMG_0937.JPG

純正キャップをつけ外しするときの感触。つけるときはレンズをやさしく守るように「スゥッ」と装着され、とるときは別れを惜しむように「しっとり」と外れる。

この感触の秘密は、キャップの裏側にフェルトが貼りつめてあるのだ。なぜそんなところにこだわりを。でもこんなところこそ、ライカの「クラフツマンシップ」なのかなぁと感心。ライカM3のフィルム表示板でも抱いた感動でした。

 

絞りリングのカチカチクリック感も心地よい。いままでシャッター音は録音してきたけど今回は初めて絞りリングのクリック音を録ってみた
[audio:https://dachio.com/archives/V_510054.mp3]

 

絞りの羽根は15枚。きれいな円になる。

IMG_0938.JPG

 

ヘキサーにも「佇まい」がうまれた。この佇まいこそ国産レンズとの違いでしょうか。

IMG_0931.JPG

 

 

imgphoto672.JPG

imgphoto677.JPG

imgphoto696.JPG

imgphoto722.JPG

imgphoto732.JPG

imgphoto769.JPG

imgphoto775.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です