弩級CanonEF28-70mmf2.8L

By dachio, 2009年7月26日



オークションの中古で10万は下らない高価なレンズだ


今のプラスチックレンズはどれもモノ感に乏しいと思っていたが、これぐらいのサイズと重量になるとそれなりに貫録があるもんだ。どれだけデカイかというと,

 

これが

R0013076.JPG

こんなになる

R0013077.JPG

 

愛用のタムロンレンズ(SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II)と比べると

・ピント合わせの音がほぼ無音。タムロンはギュッギュッって少しうるさい

・ズームの動作が逆。タムロンはレンズを伸ばすとズーム。キヤノンは逆で、伸ばすと広角。

これはどちらがどうというより慣れの問題、いややっぱり普段は広角で使うことが多いから、タムロンのほうが使いやすい。

で、肝心の写りはどう違うか。

 

いずれも左がタムロン、右がキヤノン。同じ条件で撮影した。

IMG_0903tamron.JPG
IMG_0903canon.JPG

IMG_0988tamron.JPG
IMG_0988canon.JPG

IMG_0995tamron.JPG
IMG_0995canon.JPG

 

まあ少なくとも、10万円の差はないなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です