金属工芸ズマロン35mm f3.5

By dachio, 2009年9月21日



街中で景色を撮るには35mm、ポートレートを撮るのは50mmが使いやすい、と思っていて


どちらも必要なんだが市場では総じて35mmのほうが高い。ズミクロン35mmなんて20万近くする。リーズナブルな広角がほしいと思ってヘキサー+国産レンズにすると、この記事

「端正ミノルタ G-ROKKOR 28mmf3.5」

に書いたような隘路におちいってしまう。

お手ごろなライツ広角はないかと手に入れたのが、ズマロン35mmf3.5

大戦直後の1946年から56年にかけて製造された前期モデル。Lマウントで、距離はフィート表示だ。お値段はオークションで3万円ほど。

手に取るとずっしり。ピントリングが操作しにくいのが難だけど、薄くてヘキサーによく似合う、これも佇まいのあるレンズだ。

IMG_1567.JPG

 

モノクロのほうがシャープな印象で、カラーは淡い味わいだ。

imgphoto100.JPG


imgphoto0207.JPG


imgphoto889.JPG


imgphoto890.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です