池井戸潤

By dachio, 2012年12月8日


「標準小説」という言葉があるなら池井戸潤さんの企業小説もそのひとつ。出版されている作品はすべて読んでいるのだが、身近な「組織」のパワーゲームを平易な文体でぐいぐい読ませる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です