続・金ピカポーチカメラ(ペンティ2/Penti2)

By dachio, 2013年4月30日

 

以前使っていたペンティ1の次モデルとして1961年から発売された、東独製ハーフカメラ、「ペンティ2」

フィルム装填はラピッドカートリッジを使用。横のブランジャーを押し込んで巻き上げ、ピントは目測、シャッター速度は125,60,30,B。絞りは3.5から22と、ここまで初代とまったく同じ。

違いは目立つセレン式露出計がついただけ。黒と銀のコントラストは精悍になったけど、カメラ本体の性能はそれほど上がっていない。シャッター音がそれぞれほとんど同じなところもほとんど同じ

1/30秒

1/60秒

1/125秒

シンプルな初代のデザインのほうが好みなんだけど、これはこれで一段ゴージャスをねらったのかもしれない。もともと金色のカメラは短命、という感がするんだがこのシリーズも3が出なかったところをみると、このころから「金ピカメラ」の需要は低かったのかもしれない

ペンティ2の作品

鎌倉にて

imgphoto1173

imgphoto1182

目黒不動尊近くにて

imgphoto1151

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です